発酵コエンザイムq10効果が高い。


集客にはseo対策が安上がり。


乱視はレーシックで治ります。


サプリでむくみは治ります。


体質改善は国産生姜粉末で体を温めましょう。


乳酸菌サプリメント比較


不動産投資入門


不動産投資やり方


不動産投資情報


不動産投資知識


不動産投資収入


不動産売買 流れ 注意点


キッチン設備


分譲住宅チェックポイント


分譲マンション購入注意点


分譲マンション購入 流れ



 

スパムを行わないように注意を払うことです。検索エンジンはキーワードの詰め込みすぎなどの過度な行為をスパムと見なします。検索エンジンにはやってはいけないとされている事柄があります。そのような行為をすると検索結果から排除されることになりかねませんから、基礎知識を持っておく必要が有ります。
例えば、隠しリンク。自分ではやっていないつもりが、黒の背景に黒文字を書いてしまって、そこからリンクを張ってしまった、なんてことがたまにおきます。
何がスパムになるのか?項目を覚えるよりは原則をわきまえた方が良いでしょう。
原則:人間の目で見た時と検索エンジンのロボットが見た時とが同じようでなければならない。
この原則に従えば、スタイルシートを利用して人間には見えないようにしてロボットだけが読めるソースコードはスパムになることが分かりますね。

METAタグを適切に記載することです。
検索エンジン対策にとって最も重要なのはタイトルですが、上位に表示された場合にクリック率を高めるためにはディスクリプションを適切に記載する必要があります。WEB頁政策の基本は“METAタグ”の記載から始まります。
文字コードその他必要なコードを記載する事は当然ですが、検索エンジンでの上位表示を達成するためには特別にタイトルタグは重要です。
検索エンジンはBODY要素の文字列を読み取ってそのページの内容を判別していますが、タイトルが最も重視されているのです。
もしあなたのサイトにパフォーマンスが悪いページがある場合には、タイトルタグを書き直してみてください。
上手な書き方は、キーワードを含めること、単語の羅列にしないで意味が通る文にすることです。

ランディング頁のテキスト(文章)に適切にキーワードを記載することです。ただし、続けてキーワードが記述されていると、スパムと見なされます。 昔はキーワードをとにかく沢山書けば上位になる時代がありました。でも今は違います。 検索エンジンは、より自然な文書を高く評価するように改良されてきています。
キーワードの詰め込みはダメ!キーワードを連続して書きすぎるのもダメ!
有る事柄をテーマにして自然な文書を書いてみてください。きっとキーワード比率は1~2%になっていると思いますよ。
最適なキーワード比率については諸説有ります。4~6%が良い、と言う方もいます。私の経験では3%台、3.2%が平均して良い結果を生んでいます。
テキストが少ないよりは多い方が上位表示に有利なことが多いですが、テキストが少なくて画像が多いページでも工夫すれば上位表示は達成できます。
技術的なことだけでなく、ユーザーの視点で良いコンテンツを作ることが大切です。

多数の優良な被リンクを受けることがSEOにとって最も困難ですが大切な事項です。SEOに熱心なサイトはたくさんありますから、それらのサイトに対して丁寧な相互LINK依頼を行うことが重要な検索エンジン対策です。 被リンク(リンクを受ける事)は最重要の課題です。
元々Googleなどの検索エンジンは、ページからページへのリンクを投票行動と見なして、被リンクが多いサイトを人気がある=支持されているサイト
と判断するように作られています。近年のアルゴリズムの修正で、自作自演のリンクを減らす為に、リンクだけを評価の基準にせず、ユーザーの行動などを基準として取り入れるようになりました。
だからといって被リンクの重要性が低下したわけではありません。上位表示に最も関連性が高いのは多数のドメインからのリンク、次いで多数のページからのリンクが多いことだという研究結果が発表されています。
従って、良いコンテンツを作って自然にリンクが集まるように努力することが基本的に重要です。
とは言っても、なかなかナチュラルリンクは集まりにくいですから、相互リンクなどの方法も積極的に取り組む必要が有ります。

正しい方法で行うには自己のサイトでできることをきちんと行い、相互LINKなどを通じて被リンクを受けることが大切です。皆様がご成功なさることをお祈りいたします。 検索エンジンには多くのアルゴリズムが存在します。Googleの場合、200以上とも300以上とも言われています。
私たちがそれらの全てを知ることは出来ませんし、一部でさえSEO評論家が言っていることが正しいとは言えません。
私たちが評論家ではない以上、いつGoogleがどのような発表をしたかとか、Googleのマットカッツが何を言ったとか、
そのようなことは戯言だと思った方が良いですよ。
正しいと推定できることを一つ一つ確かめながら実践していく、このような態度こそが検索エンジン対策で成功する早道です。
コストを掛けられないことも多いですから、私は相互リンクなどを行っていくことを強く推奨いたします。

新しいアルゴリズムに対応するためには、これまでの二つの要素に加えて合計4つの要素を考える必要が出てきています。
それは(1)企画要素(2)人気要素(3)内部要素(4)外部要素です。
単にリンクが多いだけでは上位表示はできず、同じリンクでもクリックされるリンクとされない物では差が出るのです。
企画要素は、サイト訪問者にどのような経験を与えるのか、楽しさ、有益な知識や情報、便利な仕組み、考え抜いてからサイト制作に取りかかる必要が有ります。
人気要素は、自作自演のリンクが蔓延したためにGoogleが実装したアルゴリズムに対応するために必要です。
ユーザービヘイビア(ユーザーの行動)を順位決定の要素に加えることで人為的なリンクの影響を減らそうとする仕組みです。
そのため、ユーザーにクリックしてもらえるように工夫したり、サイトの滞在時間を多くするためのコンテンツが重要になります。 クリック率は、検索結果のクリック率とサイト内のリンクのクリック率の両方が上位表示の要素になっています。
その他の人気要素にはツイッターでの人気、ブログでどの程度取り上げられているかなどがあります。
内部要素には、METAタグと本文に記述が大切ですが、それ以外にサイト内リンクも重要ですから、効果的に行いましょう。

↑ ページのトップへ

↑ ページのトップへ